2020.01.15

(株)ロゼッタと業務提携。『LAWGUE』×AI自動翻訳の『T-4OO』新サービスを提供開始

株式会社日本法務システム研究所(本社:東京都文京区 代表取締役:堀口圭)と株式会社ロゼッタ(本社:東京都新宿区 代表取締役:五石順一)は業務提携契約を締結し、法務部門を支援するリーガルテックAIツール・翻訳機能付き契約書エディタ『 LAWGUE T-4OO 』を共同開発しました。『 LAWGUE T-4OO 』は2020年1月20日にサービス提供を開始します。

LAWGUEにロゼッタ社が提供する精度95%のAI自動翻訳T-4OOが連携することで、英文契約書をリアルタイムに日本語で理解し、検索・編集することが可能になります。

『 LAWGUE T-4OO 』の特徴は以下の通りです。
・言語の壁を意識せずに条項の検索・編集が可能(英文契約であっても日本語同様の意味、理解のもとに編集いただけます)
・多言語のクロスレファレンスが可能(日英双方の整合性を図れます)

<類似条項検索:翻訳結果前(英文)と検索語後(和文)>

<類似条項検索:翻訳前(英文)と翻訳後(和文)>

業務提携および『LAWGUE T-4OO』の詳細はこちら

お問い合わせ

CONTACT