2019.03.19

「AI活用による弁護士業務のイノベーション~米国の先進事例と日本の将来」に弊社代表の堀口が登壇

3月16日開催 弁護士会主催イベント
〜Professional Lawyers Japan 2019〜
「AI活用による弁護士業務のイノベーション~米国の先進事例と日本の将来」に弊社代表の堀口が登壇いたしました。http://conference2019.zenki-syunwa.jp/

今回の登壇セッションでは、LegalForce代表の角田望氏と弊社代表堀口圭の初めての対談となりました。
LegalForceとCOMMONSPALはいずれも今年の4月にローンチする契約書作成型のサービスとなります。

リーガルテックサービスは、日本ではまだ認知度が低い状況ですが、グローバルでは様々なサービスが登場し始めています。
本セッションで紹介されていたAVVOKAは、弊社が最初に開発していた商品に非常によく似ているものです。
またSEALにつきましても、COMMONSPALと非常によく似たベクトルのサービスに感じました。
(強いて言うならAVOOKAとSEALが混ざったものがCOMMONSPALでしょうか。)
その他にもClauseなど、新たなサービスが出始めており、我々が先陣を切ってこれらの内容を開発したCOMMONSPALの市場ニーズがいよいよ世界で顕在化していることを確信できました。

日本法務システム研究所(JLSI)では、引き続きCOMMONSPALの4月ローンチに向けて開発を進めつつ、より先端なシステム開発とAIの研究を進めてまいります。

COMMONSPALをより高性能にしていくために、質の高いフィードバックが必要なため、こちらから直接テスト利用をご相談させていただいている先生方もいらっしゃいます。
何卒、お力添えのほどよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

CONTACT