Japan Legal System Institute

日本法務システム研究所

COMMONS PAL

COMMONS PALは、最新のIT技術により
「日本の法務部」を実現する
リーガルテックサービスです。
弁護士の書面作成時間を短縮し、
圧倒的業務効率化を実現いたします。

COMMONS PAL

リリース日:2018年9月中旬予定
利用料:月額3万円(3アカウントまで付与)・
リリース日より1カ月無料
別額オプション:アカウント追加、書面取込代行
特典:先着登録100事務所(合計300アカウント)は、
本契約スタート日から1年間、
COMMONS PALのアップデート無料

事前予約はこちらから

COMMONS PALで時間短縮

時間の使い方を見直しませんか?
COMMONS PALを使うと

  • 1回の書面作成・レビューの時間が約30分短縮できます。
  • 月に30書面扱うなら約15時間を節約できます。
  • 月15時間の削減は15万円〜の経費削減に相当します。
    *弁護士の時間単価1万円〜として算出
COMMONS PALで時間短縮

契約書データのインポート等、
それぞれの業務に合わせたオーダーメイドサポートにも対応します。
案件に取り組むとき、何気なく保存したWORDファイルをあとで探そうと思っても見つからない状況だったのが、
COMMONS PALを導入することで各契約書を一元的に保存でき、
いつでも簡単に契約書データを検索できるようになります。

特徴・機能

特徴・機能

パーツの組み換え

過去に作成した書面を参照して新たに書面を作成できます。
さらに作成した書面のパーツを登録し、効率的に検索することができます。

例:A社とB社の業務委託契約

共有のノウハウ

作成した書面は、個人管理用のプライベートデータとして活用はもちろん、所内で共有利用もできます。
また希望によりパブリックデータとして外部の利用者(知人の弁護士、クライアント、一般の顧客)が閲覧できるようにUploadし、著書のように自分の書面を公表できます。

相互レビューで
コミュニケーション

他の弁護士が作った公開書面をレビュー、閲覧や活用することで秩序立ったデータが保管されるので、ユーザー数の拡大に応じて、どこよりも実践活用できるデータベースに成長していきます。

過去の事案から適切な契約条項を探し出すのに、今まではパソコンの中の大量のWORDファイルからファイル名を手掛かりに時間をかけて探していたのが、COMMONS PALを導入することで、
「株式売買」「表明保証」などと検索するだけで過去の案件や典型的な条項が表示されるようになり時間が短縮できます。
また、デフォルトで契約書のフルの構成要素が示されるため、
必要な条項の抜け落ちを防ぎつつ、条項をカスタマイズして個別の案件に応じた書面を作成できます。

【動作環境】
OS:Microsoft windows Vista/7/8.1/10
      WEBブラウザ:推奨/Chrome、対応予定/IE

導入効果

【現状の弁護士業務】
弁護士の契約書書面作成
ベースとなるひな形としての過去の契約書書面探し
過去の契約書書面から使いたい条項等を引用
ビジネス類型ごとの修正
【COMMONSPALを使った弁護士業務】
ベースとなる契約書書面をシステム上で用意
豊富な契約条項(パーツ)、過去に作成したパーツの登録・検索
ビジネス類型ごとの修正

事前予約はこちらから

アップデート

定期的にアップデートされていく機能
COMMONS PALは
弁護士の業務効率を飛躍的に改善し、
弁護士ユーザーの手により
成長していくリーガルテックサービスです。
追加搭載機能は下記の通りです。

❶プルーフリード機能
書式揺れ、定義漏れ等を自動的に検知、修正します。
10月リリース予定。
❷変更履歴管理機能
いつ、誰が書面を修正・変更したかを一目で分かるように表示します。
これまでハイライト機能等を使って管理していた変更履歴やコメントを
「クリーン」にする手間、「クリーン」にし忘れる危険がありましたが、
COMMONS PALを使うことで簡単に管理できるようになります。
10月リリース予定。
❸時間管理
書面作成時間から請求書を作成可能です。
タイムチャージの請求はもちろん、
作業時間の目安にもお使いいただけます。
11月以降リリース予定。

その他にもAIを活用した機能も追加していく予定です。
訴状・準備書面等の裁判書面の自動化機能に関心のある方はこちら。

アンケート

プロフィール

代表取締役 堀口 圭

代表取締役 堀口 圭
2017年に東京大学法学部卒業。
同大学在学時2015年に司法試験最年少合格。
現在、企業法務系法律事務所にて、M&A・コーポレート関連の業務に従事。

【運営】
株式会社日本法務システム研究所
〒113-0033 東京都文京区本郷4-2-2北信ビル4階
commons-info@j-legalsystem.com

facebook

【SpecialThanks】

井門 慶介様
企業法務系法律事務所パートナー弁護士。
ファイナンス分野に精通し、特に航空機ファイナンスにおいて豊富な実績と高い知見を有する。
Chambers Asia-Pacific Banking & Finance: Domestic Asset Finance Japan部門で Leading Lawyer (Band 1)に選出。

渡部 友一郎様
企業内(インハウス)弁護士として、インターネットサービスにおいて実務的な知見を有する。
Asian Legal Business(ALB)主催のJapan Law Awards 2018にて「In-House Lawyer of the Year」(インハウス弁護士2018最優秀賞)を個人受賞。
ALB In-house 25 listに選出。

野村 慧様
法務系大手HR企業執行役員。
大手総合商社、金融機関の法務人材採用に関するアドバイザーや東証1部上場企業の法務課から法務部昇格のプロジェクトに関与するなど、活動は多岐にわたる。
リーガルマーケットを分析した著書、論文や多数の講演の実績を有する。

※ 個人の立場としての掲載であり、その所属する組織としての立場に基づくものではなく、また、その所属する組織の意見を表明するものではありません。